頬のたるみでまるでブルドッグに。

ある程度の年齢になると小じわが出てくるというのは多くの人が実感していると思いますが、顔のタルミというのは気づきにくいものです。とくに頬がたるんでくるとほうれい線に乗っかる形になってすごい溝になってきます。法令線もついてとれなくなったりする前に、なんとかしたいものです。たるみは顔だけいじってもなくなりません。

よく、顔ばっかりやる人がいますが、頭皮の方がマッサージでも大事なくらいです。頭をきれいにした後に、ゆっくり頭皮を後ろへ後ろへもみほぐしてあげると顔のゆるんだ箇所も、だんだんひきしまってきます。少ししかやらなくていいです。

あんまりやると気分が悪くなったりしますから、緩めで5分くらいもみます。そういうのをきっちりやれたら、頬のたるみが少しはましになります。顎のラインも少しは出てきて、顔の筋肉が、重力に負けてすぼっと下におちないようになんとか持ちこたえてくれます。

だから、適度なマッサージをしている女性の顔はわりときれいです。いらない小ジワもないし、口角も上がっており、法令線が目立たず、頬が緩んでぽってり…などということはなく、ある程度は引き締まりがあります。

顔も表情筋とかの筋肉からできているので、筋肉を堅くするのも手です。あー、いー、うー、えー、おー!!など大きな口を開けて(声は出さない)何回もやってみたりするのもいいですよ。発声の練習みたいな、ああいった口の開け方などをしていたら、法令線なんかは確実に薄くなりますし、たるみもゆっくりと解消されていきますよ。

下顎を前に突き出すようなストレッチもかなり効果があります。耳から顎にかけて筋肉が伸び縮みするので、下顎のラインもそうですが、それと同時に頬のどうしようもないたるみも解消され、一石二鳥です。

たるみ肌を引き起こしてしまうのはお肌の乾燥もあげられます。肌が乾燥するとそれだけでしみもできやすくなりますし、もちろん毛穴も開いて小じわの様になってきます。ストレッチなどをしながらしっかりと保湿できる化粧品、保湿力の高い化粧水で乾燥対策してあげることも忘れずに。
乾燥がお肌に与える影響は大きいのでうるおいを与えてあげることに重点を置いてスキンケアしていきましょう。出典/保湿化粧水でシワ対策